米アポロ・グローバルのベッキオーネCFO、上場前に退社へ

米投資会社アポロ・グローバル・ マネジメントはケネス・ベッキオーネ最高財務責任者(CFO)が 3月末までに退社すると発表した。ほかの関心事を追求するためだ という。

同社は1日付の当局への届け出で、ベッキオーネ氏が1月22日 にCFO職を降り、後任が見つかるまではバリー・ジャラプト最高 会計責任者(CAO)がCFOを代行していることを明らかにした。

同社は金融危機で延期していたニューヨーク証券取引所(NY SE)への株式上場計画を昨年11月に復活させた。ベッキオーネ氏 は米クレジットカード発行会社MBNAのCFOを経て、2007年に アポロに入社。

届け出によると、同氏の雇用契約では、「理由なく」解雇される か、「正当な理由」で辞職する場合、基本給の12カ月分に相当する 退職金が支払われることになっている。

アポロの広報担当、チャールズ・ツェーレン氏は届け出の内容 以上のコメントを控えた。ベッキオーネ氏の留守番電話に残した取 材依頼に対し、これまでのところ返答はない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE