伊政府がテレコム・イタリアと協議、戦略的オプションめぐり-関係者

イタリア政府は、同国の電話最大手 テレコム・イタリアとの間で、スペインの電話大手テレフォニカによ る買収の可能性を含む戦略的オプションをめぐって協議を進めている。 事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

同関係者が協議は非公開だとして匿名で語ったところでは、イタ リア財務省がかかわっている今回の協議は初期段階にある。政府が安 全保障上の理由で国内での保有を維持したいテレコム・イタリアの固 定電話網の将来的な所有権などについて協議が行われている。

2日のミラノ株式市場でテレコム・イタリアの株価は過去約1年 で最大の上昇を記録した。イタリア政府が「不可避の」合併を支持し ていると同国紙レプブリカが伝えたことが手掛かり。両社が統合すれ ば、テレコム・イタリアは約350億ユーロ(約4兆4000億円)の債 務を圧縮し、テレフォニカは欧州や中南米でより大きな存在感を発揮 するとみられる。テレフォニカはすでにテレコム・イタリアに出資し ている。

8A+・SGRのファンドマネジャー、カルロ・ルオニ氏は「い ずれ合意が成立するだろう」とし、「テレフォニカと一緒になることで、 テレコム・イタリアが債務負担のために現在実施する余裕のない投資 を行う機会が出てくるだろう」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE