ブラジル株と通貨レアルが続伸-鉱工業生産が予想を上回る伸び

2日のブラジル株式相場は続伸し、 指標のボベスパ指数の2日間の上昇は昨年11月以来最大となった。 商品相場が上昇したことに加え、鉱工業生産指数がアナリスト予想を 上回る伸びとなったことが好感された。

金属価格の指標が過去2週間で最大の上昇を見せたことから、鉄 鉱石生産最大手ヴァーレを中心に資源株が総じて高い。テレコム・イ タリアのブラジル部門のチム・パルチシパソンエスは4.4%高。イタ リア政府はスペインのテレフォニカによるテレコム・イタリア買収を 支持すると報道されたのが手掛かり。昨年12月のブラジルの鉱工業 生産指数が前年同月比18.9%上昇と、過去最高の伸びを記録したこ とから、鉄鋼メーカーで中南米最大手のジェルダウは2.3%高。

メルカト・ジェスタン・ジ・レクルソスのロニ・ラセルダ氏は「鉱 工業生産は力強い数字だった」と述べ、「ブラジル経済は堅調であり、 先月の相場の動揺は海外の不透明要因によるものだったことはかなり 明白だ」と指摘した。

ボベスパ指数は前日比0.9%高の67163.21。2日間の上昇率は

2.7%と、11月17日以来最大。同指数構成銘柄の値上がりと値下が りの比率は約2対1。BM&Fボベスパ小型株指数は同1.2%高の

1156.32。通貨レアルは続伸し、1%高の1ドル=1.8297レアル。 ブルームバーグが調査対象とする主要16通貨では最大の上昇となっ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE