ギリシャ首相:公務員の賃金凍結を表明-財政赤字削減の追加措置

ギリシャのパパンドレウ首相は2日、 今年の歳出抑制と欧州連合(EU)最大の財政赤字を圧縮するための 追加措置の一環として、すべての公務員の賃金を凍結する方針を表明 した。

パパンドレウ首相はテレビで放映されたアテネでの演説で、「ギリ シャはユーロを標的とした投機的なゲームの的になっている」とし、 「われわれはユーロ圏の弱い輪だ。われわれは迅速かつ断固たる行動 を取らなければならない」と述べた。同首相は、新たな措置を支持す るよう国民に呼び掛けるとともに、景気を軌道に戻す取り組みを狂わ せかねないストライキや封鎖を受け入れる余裕はないと強調した。

同首相は今年の歳入増につながる措置として燃料税の引き上げを 表明するとともに、2011年の税収押し上げにつながる抜本的な税制 改革は低所得層を守るために富裕層を対象とする方針も示した。さら に、他の欧州諸国のようにギリシャも「勇気ある決断」を下す時だと し、定年の引き上げも明らかにした。すべての公務員は今年、賃金の 引き上げを受けられないが、これは昨年10月の選挙前に首相が表明 した公約に反する。

EUは、ギリシャ政府の財政赤字抑制策を支持する用意があるも のの、財政強化には追加措置が必要になる可能性があると警告してい る。パパンドレウ首相が先月提出した3年計画には、歳出削減に加え、 今年の税収を100億ユーロ(約1兆2600億円)増やす措置が含まれ ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE