米財務長官:強いドルを支持、財政赤字縮小に尽力-信頼維持目指す

ガイトナー米財務長官は2日、強い ドル政策を引き続き支持していく方針を表明した。同長官はクリント ン政権時代にルービン元財務長官の下で強いドル政策の作成に携わっ た経験がある。

ガイトナー長官は上院財政委員会の公聴会で通貨について問われ ると、「強いドル政策という具体的な表現とそれを支持する姿勢を示し た最初の声明は、1995年当時の財務省の私のオフィスで書かれた」と 話した。

同長官は、米国は今後財政赤字を縮小させていく方針を確約し、 世界の投資家からの信頼維持に取り組む姿勢をみせる必要があるとの 見方に賛同すると述べた。信頼を失えば景気に打撃を与えるだけでな く、金利を押し上げ、投資を抑制することになると指摘した。

ガイトナー長官は「米国が財政赤字を修正すると信じてもらえず、 失望を誘えば、米金融市場の将来に対する信頼感を失うリスクが出て くるだろう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE