米通貨監督庁長官:ローン担保証券などの販売、過度の規制に警鐘

ドゥガン通貨監督庁(OCC)長官 は2日、ローンやリースを裏付けとした証券販売について、経済成長 に必要な市場を過度に規制する恐れがあるとして、当局の自制を訴え た。

ドゥガン長官はメリーランド州で開かれた米証券化フォーラム の会議に出席し「適切な調整および協調がなければ、健全な証券化市 場の復興ではなく悪化を招き、信用供給に重大かつ長期的な悪影響を 及ぼすリスクがある」と述べた。

米連邦預金保険公社(FDIC)は、大恐慌以来最悪の金融危 機の要因ともなった金融機関の証券取引慣行について規制を検討 しており、銀行によるローンやリースを裏付けとした証券販売の 規制を提案した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE