米自動車販売:トヨタ16%減、GM・フォードと明暗分ける

トヨタ自動車の1月米自動車販 売台数は前年同月比で16%減少した。リコール(無料の回収・修理) で一部車種の販売を停止したことが響いた。一方、米ゼネラル・モ ーターズ(GM)とフォード・モーターの販売台数はともに増加し、 アナリスト予想も上回った。

自動車メーカー各社が発表した販売統計によると、GMは14% 増加。フォードは25%、日産は16%それぞれ増えた。一方、ホンダ は5%減、クライスラー・グループは8%減少した。

米自動車販売台数は2006年以来初めて3カ月連続で前年同月を 上回った。リセッション(景気後退)の影響で09年の同販売台数は 1982年以来の低水準に落ち込んだ。一方、トヨタの前年比での増加 は昨年末までの3カ月でストップした。

オートパシフィックのアナリスト、ステファニー・ブリンリー 氏は「自動車販売の増加は経済にとって明るい兆しだ」と指摘。 「トヨタの問題があるものの、全体の販売は年間を通じて前月比で 増加すると予想される」と述べた。

トヨタの販売台数は9万8796台(前年同月は11万7287台)。 ブルームバーグのデータによると月間ベースでは1999年以来の最低。 フォードは昨年6月以来で初めて販売台数がトヨタを上回ったこと を明らかにした。

業界全体

米自動車業界分析会社オートデータによると、1月の乗用車と ライトトラックを合わせた販売台数は6.3%増加した。季節調整済み の年率換算で1080万台と、ブルームバーグがまとめたアナリスト8 人の予想平均1050万台を上回った。前年同月は960万台だった。た だ、今回の数値は依然2000-07年の平均販売台数(1680万台)の3 分の2に及ばない。

1月の販売台数はクライスラーが5万7143台(前年同月は6万 2157台)。ホンダは6万7479台(同7万1031台)。日産は6万 2572台(同5万3884台)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE