投資家のロス氏:リコール問題はトヨタと部品メーカーの両方の責任

米資産家のウィルバー・ロス氏は、 大規模なリコール(無料の回収・修理)の責任はトヨタ自動車と、問 題が指摘されているアクセル部分の部品メーカーの両方にあると述べ た。ロス氏は自動車部品メーカーにも投資している。

ロス氏は経済専門局の米CNBCに対し、アクセル部分がより複 雑化しているためリコール発生の可能性は高まっていると話した。

同氏は「各自動車メーカーは車種を増やし、事業地域を広げ、規 模を拡大させている。大手自動車メーカーは事実上の組み立て業者に なっているため、運営がより難しくなっている」と述べた。同氏はさ らに「1台につき5000個の部品が時間的余裕のない納期で」業者か ら配送されると続けた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関するエディターへの問い合わせ先: JoAnne Norton at +1-202-624-1977 or jnorton@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE