ルノー・日産自:09年世界販売は609万台-市場シェア9.8%に拡大

仏自動車大手ルノーと傘下の日産自 動車は、2009年の世界販売台数の落ち込みが業界全体の減少ペースよ り緩く、これが両社の市場シェア拡大の一因となった。

両社の2日の発表によれば、グループ全体の09年販売台数は前年 比ほぼ変わらずの609万台となった。業界全体では4.5%減少だった。 両社の市場シェアは9.8%と、これまでの9.4%から拡大。ロシアのブ ランド「ラーダ」を傘下に加えたことが寄与した。

09年販売台数は、ルノーが前年比3.1%減の230万台、日産自が

9.4%減の340万台だった。ラーダの年間販売台数は41万7457台。

地域別では、中・東欧が両社合わせて29%減の51万1465台と、 最も大きな落ち込みとなった。中東・アフリカは28万5090台と、前 年から28%減少した。

アジア太平洋地域は24%増の110万台。日本は12%減の60万1150 台。ルノー単独では22%減の1754台、日産自は12%減少し59万9396 台となった。西欧では「メガーヌ」や「トウィンゴ」が好調で、ルノ ーは3位に再浮上した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE