銅相場は「破滅的状況」に、投機家の手じまいで-スレルケルド氏

米金属取引会社リゾルブドのデー ビッド・スレルケルド社長は、投機家によるポジションの手じまいと世 界の在庫増加により、銅相場は「破滅的状況」に向かっているとの見方 を示した。銅相場は昨年、2倍以上に上昇した。

スレルケルド氏は2日のインタビューで「買いの約90%を投機家 が占めている」と指摘。「ETF(上場投資信託)の投機家か中国の養 豚業者の投機家かは重要ではない。これらの投機家による買いはいずれ 市場に戻ってくるからだ」と述べた。同氏によると、中国には報告され ていない銅在庫が約300万トンある。

リセッション(景気後退)脱却に向けた各国政府の景気対策導入を 背景に原材料への投資が拡大したため、銅相場は昨年、140%高騰。世 界最大の銅消費国である中国の2009年の精錬銅輸入は前年比で119% 増加し、過去最高の320万トンに達した。

スレルケルド氏は「統計の報告の仕方を見ると、中国に輸入された 銅はすべて消費されると仮定されている。それは明らかにばかげてい る」と述べた。上海先物取引所の指定倉庫の銅在庫は先週、10万 1210トンと、前年同期の3倍以上に増加した。

スレルケルド氏は1996年、住友商事の元非鉄金属部長、浜中泰男 氏による銅の買い占めが相場暴落につながる可能性を示唆し、注目を集 めた。銅市場で40年以上にわたって取引している。

スレルケルド氏は、銅相場が1ポンド当たり1ドルを下回るとの見 通しを維持。時期については特定しなかった。これは、1トン当たり 2205ドルに相当し、現行水準を約67%下回る。

スレルケルド氏は「相場が破滅的状況に陥ると予想されることが分 かっているので、わたしはこの相場水準に失望することはない」と語っ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE