アステラス:4-12月純利益24%減、プログラフ苦戦

国内医薬品2位のアステラス製薬 の第3四半期(4-12月期)連結純利益は、前年同期比で24%減少 した。米で特許切れとなった免疫抑制剤「プログラフ」が後発薬との 競争で苦戦していることや研究開発費増加に伴う費用増などが減益要 因となった。

東証で2日開示した第3四半期純利益は1161億円(前年同期は 1524億円)だった。通期の純利益予想は1250億円に据え置いた。ア ステラス製薬は第2四半期決算発表時に純利益予想を1350億円から 引き下げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE