金融庁:KDDIを調査、JCOM株取得が金商法抵触の疑い-読売

KDDIが1月に発表したケーブル テレビ(CATV)最大手ジュピターテレコム(JCOM)の株式買い 取りが金融商品取引法の株式公開買い付け(TOB)ルールに抵触する 恐れがあるとして、金融庁が調査に入ったことが明らかになったと、読 売新聞(電子版)が2日報じた。金融庁は、KDDIが現在の計画通り に買い取りを行えば、金商法違反で800億円超の課徴金が課される可能 性が高いとし、TOBなど他の手法に変更するよう求めているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE