中国商用飛機:初の国産大型旅客機、年内に100機受注目指す

中国初の国産大型旅客機「C919」 のメーカー、中国商用飛機有限公司は年内に100機前後の受注獲得 を目指している。同業大手の米ボーイングや欧州エアバスを追撃す る。

プログラム管理部門の袁文峰副部長は2日、シンガポール航空 ショーでのインタビューで、契約の大半が国内顧客からの受注とな る公算が大きいことを明らかにした。同社はまた、同機の予備設計 を年内に完了する計画だという。

袁副部長によれば、中国がボーイングやエアバスへの依存から 脱却しようとする中で、同社は向こう20年間に2000機を超える C919の販売を見込んでいるという。C919は、人気モデルのボー イングの「737」やエアバスの「A320」と競合することになる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE