スティーブンス豪中銀総裁:政策金利据え置きは「適切」-声明

オーストラリア準備銀行(RBA、 中央銀行)は2日、政策金利であるオフィシャル・キャッシュレート を3.75%に据え置くことを決定した。スティーブンスRBA総裁の声 明文(抜粋)は次の通り。

RBAの理事会は2日の会合でキャッシュレートを3.75%に据 え置くことを決めた。

世界経済は成長しており、世界の国内総生産(GDP)は2010、 11年に潜在成長率に近いペースで伸びる見込みだ。一方、主要国では 金融危機の持続的な影響によって過剰設備の状態が続くため、景気拡 大は引き続き穏やかなものになる可能性が高い。

金融セクターが痛んでいないアジアでは、これまでの回復ペース が他地域よりもかなり速いが、中国当局は現在、国内経済に対する刺 激策の度合いを減らそうとしている。世界の金融市場は、1年前より もはるかにうまく機能している。それでも主要各国の信用状況は困難 ななままだ。景気下降期に関連した貸付損失を銀行が抱え続けている ことが背景にある。

オーストラリアでは、1年前の穏やかな落ち込みに続き、景気が 予想より力強く推移している。財政出動による消費者需要への影響は すでに色あせたが、家計の財務は好調な労働市場や純資産の持ち直し によって支えられている。住宅建設の上向きとともに、公共インフラ 向け支出が需要を押し上げている。

資源セクターへの投資は力強く、失業率は当初見込まれた水準よ りかなり低い水準でピークを付けたようだ。

予想通り、基調インフレ率は2008年のピークから低下した。同年 末の商品相場の下落や09年の民間労働コストの顕著な伸び悩み、最近 の豪ドル高、需要の成長鈍化が背景にあった。

オーストラリアにおける深刻な景気収縮のリスクが過ぎ去ったた め、理事会は最近の会合で金融刺激の度合いを減らす措置を取った。 こうした変更がもたらした影響に関する情報がなお限定的なため、理 事会は当分の間政策金利を据え置くことが適切と判断した。

-- Editor: John McCluskey

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Victoria Batchelor in Sydney at +61-2-9777-8674 or vbatchelor@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +81-3-3201-7553 canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE