【テクニカル分析】ユーロは「調整」に直面、8カ月ぶり安値に下落へ

ユーロは「調整」に直面している可 能性があり、下値支持線の1ユーロ=1.3981ドルを終値で下回った 後、昨年5月以来の安値に下落するとシティグループはみている。

シティによると、ユーロは1月29日に終値で1.3863ドルと、 55週移動平均を下回り、200週移動平均(1.3859ドル)に接近した。 ユーロは10%「調整」した後に上昇を再開するのが典型的な動きだと いう。

トム・フィッツパトリック氏らシティのテクニカル・アナリスト らは1日付の顧客向け文書で、「ユーロが昨年11月の高値から10% 調整すると、さらなる支持線が集中する1.3630ドルに向かう」と指 摘し、「短期的に1.36ドル台に軟化しても驚きではない」との見方を 示した。

日本時間2日午前9時56分現在、ユーロは1.3926ドルと、前 日の1.3931ドルから下落している。1.37ドルを割り込めば昨年5 月20日以来となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE