米留出油在庫:先週115万バレル減か、寒冷化に備え-市場調査

ブルームバーグ・ニュースのアナリ スト調査によると、先週の米留出油在庫は減少したようだ。寒冷化に 備え、在庫が取り崩されているためだ。

米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)の在庫統計発表を前 に、アナリスト12人を対象に実施した調査結果の予想中央値によると、 1月29日終了週のヒーティングオイル(暖房油)とディーゼル油を含 む留出油在庫は前週の1億5750万バレルから115万バレル減と予想さ れている。10人が減少、2人が増加を予想した。

リターブッシュ・アンド・アソシエーツ(イリノイ州ガリーナ) のジム・リターブッシュ社長は「先週、北東部の気温が下がった結果、 留出油在庫は減少したようだ」と述べた。

1月下旬、北東部を再び寒波が襲った。北東部は米国のヒーティ ングオイル消費全体の5分の4を占める。ナショナル・ウェザーサー ビスによると、2月6-14日は48州の大部分で気温が平年を下回る 見通し。

アナリスト予想の中央値によると、先週の製油所の設備稼働率は

78.4%と前週から変わらずの見込み。

原油在庫は増減で見方が分かれた。前週の3億2670万バレルから 40万バレル増加したようだ。6人が増加、4人が減少を予想した。横 ばいと予想したのは2人だった。

ガソリン在庫は前週の2億2940万バレルから125万バレル増加し たとみられる。全員が増加と回答した。

EIAは週間在庫統計をワシントン時間3日午前10時30分(日 本時間4日午前零時30分)に発表する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE