アサヒH株続伸、貴金属リサイクル数量回復-価格上昇も業績押し上げ

貴金属リサイクル大手のアサヒホー ルディングスの株価が前日比3.1%高の1417円と続伸。貴金属相場の 上昇に加えてリサイクル数量も回復、足元の利益は会社計画を上回って 推移している。今後の収益拡大を期待した買いが入ったようだ。

会社側が1日の取引終了後に公表した9カ月累計(2009年4-12 月)連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は49億円と、改 組前のアサヒプリテックの前年同期実績(17億円の赤字)から大きく 改善した。自動車産業を中心に国内製造業の生産が復調、貴金属回収量 が想定を上回ったほか、経費圧縮などで収益性が改善した。

同社広報担当の森繁知子氏は「第4四半期(1-3月)も第3四半 期(09年10―12月)と同様、貴金属回収量が堅調に推移すると見込ん でいる」と説明した。同社は10年3月期の連結業績予想を売上高800 億円、営業利益66億円に上方修正した。前回予想と比べると、売上高 で40億円(5.3%)、営業利益で12億円(22%)の上乗せ。

独立系調査会社ティー・アイ・ダヴリュの佐藤謙三シニアアナリス トは「貴金属相場が上昇している割に株価が弱含んでいたのは、貴金属 リサイクル量が回復していないと思われていたためだ。今回の決算で、 自動車関連産業を中心に数量が回復していることが確認できたため、株 価も上昇していくのではないか」とみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE