温暖化ガス削減のコペンハーゲン合意:世界の主要排出国が目標提示

中国や米国、欧州連合(EU)が 温暖化ガス削減を目指すコペンハーゲン合意への支持を表明し、主要排 出国すべての数値目標を盛り込んだ枠組みとしては初となる今回の合意 は実現への第一歩を踏み出した。

各国政府や国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)事務局による と、オーストラリアやインドネシア、カナダ、日本、インドも合意を支 持している。公式な合意期限は1月31日だった。

国連は1日、55カ国から2020年までの温暖化ガス削減目標の提 出を受けたと発表。国連の文書によると、これらの国々は、エネルギー 消費による世界の温暖化ガス排出の78%を占める。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE