DNA株ストップ高、ソーシャルゲーム好調で四半期最高益

携帯情報サイトを運営するディー・ エヌ・エー(DNA)株がストップ高(値幅制限いっぱいの上昇)水 準となる前日比10万円(19%)高の62万5000円で買い気配。2009 年10月からサービスを開始した会員同士が一緒に遊べるソーシャル ゲームの好調を受け、昨年10-12月期の連結営業利益が四半期ベース で過去最高を記録、足元の好業績が評価された。

DNAが1日発表した10-12月期連結決算は、営業利益が前年同 期比32%増の52億2400万円。売上高も前年同期比24%増の117億円 と、四半期ベースで最高となった。ネット上の分身のアバター販売は 苦戦したが、ソーシャルゲームの投入で注力分野のゲーム事業が大き く伸びた。昨年12月の月間ページビューは9月と比べ2倍以上の380 億ページビューに急増。ゲーム内で使用するアイテムの課金収入も好 調だった。

KBC証券は1日付で、DNAの投資判断を「ホールド」から「買 い」に引き上げた。上出浩史アナリストは投資家向けリポートで、10 -12月期決算は期待を大幅に上回る内容と指摘。「ソーシャルゲーム がユーザー情報を収益化するのに非常に効果的な手段であることを示 した」とし、同証では2012年3月期までの業績予想を増額修正すると 同時に、目標株価も従来の55万円から65万円に引き上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE