ソニーの映画・テレビ制作部門ソニ ー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)は、全従業員の約6.5% に相当する450人を削減し、100人の欠員補充も行わない計画を発表 した。

ソニー・ピクチャーズが1日に電子メールで送付した発表資料に よると、人員削減の大半は米ホーム・エンタテインメントと技術部門 で実施し、従業員への通知は来月上旬に行う。

同社は海賊版対策やソーシャル・ネットワーキング・サービス(S NS)の拡大、テレビ視聴習慣の変化などへの対応を進めている。人 員削減はそのためのコスト削減の一環。米娯楽調査コンサルタント会 社アダムズ・メディア・リサーチ(カリフォルニア州)によると、ハ リウッドの映画スタジオの主要な収益源であるDVD販売は2009年 に業界全体で130億ドル(約1兆1800億円)と、前年比で約10%減 少した。

ソニー・ピクチャーズのマイケル・リントン会長兼最高経営責任 者(CEO)とエイミー・パスカル共同会長は発表文で、「事業は厳し い試行と移行の期にある」とした上で、「これを乗り越えるために必要 な措置を取る責務がある」と述べた。

調査会社ボックス・オフィス・モジョによると、ソニー・ピクチ ャーズが米国とカナダで昨年あげた興行収入は15億ドルで業界4位。 首位はメディア最大手タイムワーナーの21億ドルだった。