中国の招商銀行:最大220億元の株主割当増資を当局が承認

時価総額で中国5位の金融機関、招 商銀行は1日、既存株主向けの新株発行について監督当局の認可が得 られたと発表した。資本増強を目指す。

上海証券取引所への届け出によれば、中国証券監督管理委員会(証 監会)がこの日、人民元建てA株の株主割当増資計画を承認した。招 商銀は香港市場で取引される中国本土企業の株式(H株)と本土市場 でのA株の発行を通じて最大220億元(約2900億円)を調達する計画 だ。

同行は昨年8月、計画している増資の規模を最大40億元引き上げ た。増資をしなければ、向こう3年間に同行は規制当局が求める自己 資本比率基準に対して200億元を超える資本不足に直面する。

--Luo Jun. With assistance from Judy Chen in Shanghai.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Luo Jun in Shanghai at +8621-6104-7021 or jluo6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Philip Lagerkranser at +852-2977-6626 or lagerkranser@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE