豪中銀:前例ない4回連続利上げを決める公算-2日の政策会合で

オーストラリア準備銀行(RBA、 中央銀行)は2日の金融政策決定会合で政策金利を0.25ポイント引き 上げると予想されている。景気拡大が雇用の急増につながっており、 RBAが利上げを決めれば、前例のない4回連続となる。

ブルームバーグがエコノミスト20人を対象に行った調査では全 員が、RBAが政策金利である翌日物オフィシャル・キャッシュレー トを0.25ポイント引き上げ、4%とすると予想。シドニー先物取引所 の銀行間金利先物の動きは、トレーダーらが利上げの確率を70%とみ ていることを示している。政策会合の結果はシドニー時間午後2時30 分(日本時間午後零時30分)に発表される予定。

この3年余りで最も良好な雇用環境、2007年以来最大の住宅価格 の前年比上昇率、10年にインフレが加速する可能性を示す各種リポー トなど、スティーブンスRBA総裁に対しては、引き続き利上げで世 界の先導役を務めるよう圧力が高まっている。1月の消費者信頼感指 数は6カ月ぶりの大幅上昇となり、RBAがこれまで行ってきた利上 げによって家計の信頼感が損なわれていないことを示した。

ウエストパック銀行のチーフエコノミスト、ビル・エバンズ氏(シ ドニー在勤)は「RBAは遅くとも6月までにはキャッシュレートを 『ニュートラル』な誘導目標である4.5%に戻す計画だ」と述べ、「豪 経済は景気低迷から大きく回復しており、想定していたより余剰能力 は小さい」と指摘した。同氏はRBAと財務省でアナリストを務めた 経験を持つ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE