トヨタ:米ディーラーで週内にアクセルペダル修理開始-8日生産再開

トヨタ自動車は1日、アクセルペ ダルの不具合をめぐる米国での230万台のリコール(無料の回収・ 修理)への対応策を公表した。週内に米国内のディーラーでアクセ ルペダルの修理を開始するほか、8日に北米組み立て工場での生産 を再開する。

トヨタの広報担当、ジョン・ハンソン氏はアクセルペダルが戻 りにくくなるのを防ぐため、日本で製造したスチール製の薄い板を 現在ディーラーに配布していると説明。また、問題となったペダル を製造した米CTSが、不具合を解消したペダルをトヨタの北米工 場に供給することを明らかにした。

トヨタ自動車の米国現地法人、米国トヨタ自動車販売のジム・ レンツ社長は1日のブルームバーグテレビジョンとのインタビュー で、リコール発表後に一時停止していた生産ラインを8日に再開す ると言明。「われわれは問題点が分かっている」と述べた上で、「わ れわれは修理ができる。修理部品は今、ディーラーに配布中だ。2、 3日中には届くだろう」と語った。

トヨタは1月21日に、突然の加速につながる恐れのあるアクセ ルペダルの不具合を理由に米国で230万台のリコールを発表。その ほか、アクセルペダルがフロアマットに引っ掛かる恐れがある問題 でのリコールは約540万台に上り、同社は8車種について米国での 販売と北米生産を停止した。米議会はこの問題で公聴会を予定して いる。

レンツ社長は1日の電話会議で、「われわれは起こったことを大 変遺憾に思う、顧客にご迷惑をお掛けしたことを誠に申し訳なく思 っている」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE