米CITグループ:メイソン社長兼COOが退任-26日付で

昨年12月に破産法適用下から脱却 した米商業金融会社CITグループは1日、アレクサンダー・メイソ ン社長兼最高執行責任者(COO)が今月26日で退任すると発表した。 これで4人目の経営幹部辞任となる。

ブルームバーグのデータによれば、メイソン社長は2008年6月に 同社入り。それ以前はマーカンタイル・バンクシェアーズやドイツ銀 に勤務していた。CITの広報担当者、カート・リッター氏は同社長 の退任の理由についてコメントを控えた。

CITは1日、当局への届け出で、「メイソン氏は09年分として 受け取る権利のある現金報酬を除く退職手当や他の報酬の受け取りを 辞退することで合意している」と説明した。

同社のジェフリー・ピーク前最高経営責任者(CEO)は1月15 日付で辞任した。同社は昨年12月、ジョゼフ・リオネ最高財務責任者 (CFO)が4月で引退することを明らかにしており、12月31日に はナンシー・フォスター最高リスク管理責任者(CRO)も退職して いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE