NY銅先物:5営業日ぶり反発-米ISM製造業指数の伸び好感

1日のニューヨーク銅先物相場は5 営業日ぶりに反発。米製造業活動が過去5年間で最も速いペースで拡 大したことが示され、銅への需要が増えるとの観測が高まった。

この日発表された1月の米供給管理協会(ISM)製造業景況指 数は58.4に上昇し、2004年8月以来の高水準となった。景気回復の 勢いが鈍化しつつあり需要が減少するとの懸念から、銅相場は過去4 日間で10%下げていた。

商品調査会社ロジック・アドバイザーズ(ニュージャージー州) の パートナー、ウィリアム・オニール氏は、「ISM製造業景況指数がか なり高い伸びを示し、銅相場の反発を支援した」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物相場3月限終値は、前週末比3.1セント(1%)高の1ポンド=

3.0835ドルとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE