NY原油(1日):上昇、米製造業活動の拡大加速で-終値74.43ドル

ニューヨーク原油相場は上昇。 米国の製造業活動が1月に2004年8月以来最も速いペースで拡大し 、燃料消費が増加するとの見方が強まった。

原油は4週間ぶり大幅高。米供給管理協会(ISM)が発表し た1月の製造業景況指数が58.4と、前月の54.9から上昇した。また、 1月のユーロ圏製造業景気指数も前月から上昇したほか、ドルの軟 調も商品への魅力を強めた。

トラディション・エナジーの市場調査ディレクター、アディソ ン・アームストロング氏(コネティカット州スタムフォード)は 「製造業統計は非常に強い内容だった」と指摘。「堅調なのは米国 だけでなく、欧州でも製造業活動が拡大している」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は前 営業日比1.54ドル(2.11%)高の1バレル=74.43ドルで取引を終 了。1月29日には72.89ドルと、終値ベースでは昨年12月21日以 来の安値まで下げていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE