米国債:下落-ISM製造業指数や財政赤字見通しで

米国債相場は3営業日ぶりに下 落。米供給管理協会(ISM)が発表した1月の米製造業景況指数 が約5年ぶり高水準となったほか、オバマ大統領が予算教書で 2010年度の財政赤字が過去最大の1兆6000億ドルに膨らむとの 見通しを示したことに反応した。

30年債利回りはここ2週間余りで最大の上昇。商務省発表の 個人消費支出(PCE)が昨年12月に3カ月連続で増加し、イン フレ加速懸念が再燃したことも背景にある。

モルガン・キーガンの債券セールス・トレーディング・調査責 任者のケビン・ギディス氏は、「経済成長に関する前向きなモメン タム(勢い)が長期債にプレッシャーとなっている」と指摘。「景 気に対する人々の見方が改善している。1月の雇用統計ではしばら くぶりに非農業部門の雇用者数が増加しそうだ」と述べた。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク 時間午後4時17分現在、10年債利回りは前週末比7ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01ポイント)上昇の3.66%。同年債(表 面利率3.375%、2019年11月償還)価格は18/32下げて97 21/32。

30年債利回りは一時、9bp上昇の4.58%と、1月13日以 降で最大の上げとなった。

過去最大の財政赤字

1月のISM製造業景況指数は58.4と、前月の54.9から上 昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央 値では55.5と見込まれていた。また12月のPCEは前月比0.2% 増加した。

ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト75人を対象に実施 した調査によれば、1月の非農業部門雇用者数は前月比で1万人増 加したもようだ。

オバマ大統領は1日、2011会計年度(10年10月-11年9月) 予算教書を議会に提出。同予算教書では、10年度財政赤字が過去 最大の1兆6000億ドルに膨らむとの見通しも示した。この額は、 国内総生産(GDP)比で10.6%となり、第2次世界大戦後で最 悪となる。

「前向きなモメンタム」

バークレイズの金利ストラテジスト、マイケル・ポンド氏は「財 政赤字の先行きめぐり不安が高まっている」とした上で、「投資家 は好調だった第4四半期のGDPが1度きりのものか依然として 疑問を投げ掛けているが、経済指標はこの先の前向きなモメンタム を裏付けている」と述べた。

第4四半期の米実質GDP速報値は前期比年率5.7%増と、ブ ルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値 (4.7%)を上回った。

米セントルイス連銀のブラード総裁は英紙ファイナンシャ ル・タイムズ(FT)とのインタビューで、デフレのリスクが現時 点で「終息している」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE