米予算教書:ファニーやフレディの債務を盛り込まず-配当は含む

オバマ米大統領が提案した2011 会計年度(10年10月-11年9月)予算教書では、政府管理下に ある住宅金融大手のファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディ マック(連邦住宅貸付抵当公社)の6兆3000億ドルに上る負債は 盛り込まれなかった。米政府はまた両社の再建に関する決定を先送 りした。同決定の先送りはこれで2回目。政府は両社を17カ月前 に接収した。

同予算教書によると、両社は事業存続に向け、10会計年度に は米財務省による優先株544億ドルの買い取り、11年度には230 億ドルの追加購入が必要になる可能性がある。

オバマ政権は「政府は政府支援機関(GSE)の状況を引き続 き監視するほか、ファニーメイとフレディマックの長期的な改革に 向けた検討事項に関しては最新情報を引き続き必要に応じて提供 する」と述べた。

両社がこれまで米財務省に支払った配当総額は68億ドル。政 府予算局の見積もりによると、11会計年度の配当は180億ドル、 12 年度以降は毎年67億3000億ドルになるもよう。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE