グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。中国当局が建築資材を購入する農家を補助 する計画を示したことからセメント株が高くなり、午前の下げから持 ち直した。

中国2位のセメントメーカー、中国建材(3323 HK)は11%高。 最大手の安徽海螺水泥(914 HK)は9.3%上げた。午前には中国の 携帯電話サービス大手、チャイナ・ユニコム(中国聯通、762 HK) や衣料小売りのエスプリ・ホールディングス(330 HK)が減益を発 表するとの観測や中国の一段の景気過熱抑制措置への懸念を背景に下 げていた。

チャイナ・ユニコムは2.8%安。同社は2009年利益が前年の半 分以下となった公算だと明らかにしている。3日に09年7-12月 (上期)決算を発表するエスプリは3.9%安。

中国物流購買連合会が発表した1月の製造業購買担当者指数(P MI)は08年以降で2番目に速いペースでの製造業拡大を示し、引 き締め懸念が高まった。鉄鋼メーカーの馬鞍山鋼鉄(323 HK)は

1.9%下げた。

ハンセン指数は前週末比121.76ポイント(0.6%)高の

20243.75。一時は1.4%安まで下げた。ハンセン中国企業株(H 株)指数は同1.1%高の11621.64。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落し、上海総合指数はほぼ4カ月ぶりの安値 を付けた。中国で製造業活動が拡大する中、政府が景気過熱を防止す るため追加措置を講じるとの懸念が高まった。

上場鉄鋼メーカーで中国2位の河北鋼鉄(000709 CH)は

3.8%安。中国人民銀行(中央銀行)の朱民副総裁が、同国政府は鉄 鋼を含む産業セクターの過剰生産能力の抑制に向けて新たな措置を計 画していると発言したことが嫌気された。江西銅業(600362 CH) は3.6%、中国アルミ(チャルコ、601600 CH)は4.1%それぞれ 値下がりした。中国神華能源(601088 CH)は3.2%下げ、石炭株 の下落を主導した。秦皇島の石炭市場の現物価格が下落したほか、業 績低迷が手掛かりとなった。中国工商銀行(601398 CH)は1%安 だった。

広発基金管理の資産運用担当者、陳仕徳氏(広州在勤)は「経済 統計は依然としてかなり強く、市場参加者はその内容を過剰に解釈し ている」と指摘。「良い内容の経済指標が出てくる限り、政府の引き 締め懸念や観測は一段と高まるだろう」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は前週末比47.93ポイント(1.6%)安の

2941.36と、昨年10月13日以来の安値で終了した。上海、深セン 両証取のA株に連動しているCSI300指数は1.6%安の3152.71。

【インド株式市況】

インド株式市場では、指標のセンセックス30種株価指数が前週 末からほぼ変わらず。クレディ・スイス・グループがインドの電話業 界に対する見通しを引き上げたことを好感し、ブハルティ・エアテル を中心に電話株が買われた。

インド最大の携帯電話サービス会社、ブハルティは1.6%上昇。 クレディ・スイスは電話銘柄の投資判断を「マーケットウエート」と し、従来の「アンダーウエート」から引き上げた。信用コストが上昇 する中、「ディフェンシブ」銘柄を買うべきだとの見方が理由。同業 インド2位のリライアンス・コミュニケーションズは2.3%高。

一方、国内最大の生活用品メーカー、ヒンドゥスタン・ユニリー バは2.1%下げた。米シティグループの「セル(売り)」判断(従来 は「ホールド(保有)」)を材料に売られた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前週末比1.93ポイン ト安の16356.03で引けた。下げ幅は0.1%未満だった。

ブハルティ(BHARTI)は311.20ルピー、リライアンス(RCOM IN)は173.65ルピーで終了した。ヒンドゥスタン(HUVR IN)の 終値は237.25ルピー。インド最大のたばこ会社、ITC(ITC IN)は1.5%安の246.50ルピーとなった。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前週末比45.5ポイント(1%)安の

4524.1。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比4.01ポイント(0.3%)高の

1606.44。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比115.77ポイント(1.5%)安の7524.67。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前週末比9.18ポイント(0.3%)安の2736.17。

【マレーシア株式市況】

1日のマレーシア株式市場は祝日のため休場。取引は2日に再開 される。

【タイ株式市況】

SET指数は前週末比1.06ポイント(0.2%)高の697.61。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前週末比23.25ポイント(0.9%)安の

2587.55。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前週末比69.98ポイント(2.4%)安の

2883.21。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE