インド株(終了):センセックス指数、ほぼ変わらず-ブハルティ高い

インド株式市場では、指標のセン セックス30種株価指数が前週末からほぼ変わらず。クレディ・スイ ス・グループがインドの電話業界に対する見通しを引き上げたことを 好感し、ブハルティ・エアテルを中心に電話株が買われた。

インド最大の携帯電話サービス会社、ブハルティは1.6%上昇。 クレディ・スイスは電話銘柄の投資判断を「マーケットウエート」と し、従来の「アンダーウエート」から引き上げた。信用コストが上昇 する中、「ディフェンシブ」銘柄を買うべきだとの見方が理由。同業 インド2位のリライアンス・コミュニケーションズは2.3%高。

一方、国内最大の生活用品メーカー、ヒンドゥスタン・ユニリー バは2.1%下げた。米シティグループの「セル(売り)」判断(従来 は「ホールド(保有)」)を材料に売られた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前週末比1.93ポイン ト安の16356.03で引けた。下げ幅は0.1%未満だった。

ブハルティ(BHARTI)は311.20ルピー、リライアンス(RCOM IN)は173.65ルピーで終了した。ヒンドゥスタン(HUVR IN)の 終値は237.25ルピー。インド最大のたばこ会社、ITC(ITC IN)は1.5%安の246.50ルピーとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE