ロシア:09年GDP、前年比7.9%減少-過去最悪のマイナス成長

ロシア経済は昨年、過去最悪のマイ ナス成長となった。原油相場がピーク時から最大77%下落したほか、 金融機関が融資を減らし、企業は減益への対応を迫られた。

ロシア国家統計局がウェブサイトで1日発表した2009年の国内 総生産(GDP)速報値は、前年比7.9%減少となった。08年は5.6% 増だった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト18人の予想中央値 は、09年について政府の見通しと同じ8.5%減としていた。

統計局によれば、09年は家計支出が8.1%減少。輸出から輸入を 差し引いた純輸出は58%増加した一方、固定資産投資は18.2%減った。

-- Editors: Tasneem Brogger, Chris Kirkham

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net  Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Alex Nicholson in Moscow at +7-495-771-7715 or anicholson6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Kirkham at +44-20-7673-2464 or ckirkham@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE