香港株(終了):上昇、セメント株主導で持ち直し-政府補助に期待

香港株式相場は上昇。中国当局が建 築資材を購入する農家を補助する計画を示したことからセメント株が 高くなり、午前の下げから持ち直した。

中国2位のセメントメーカー、中国建材(3323 HK)は11%高。 最大手の安徽海螺水泥(914 HK)は9.3%上げた。午前には中国の携 帯電話サービス大手、チャイナ・ユニコム(中国聯通、762 HK)や衣 料小売りのエスプリ・ホールディングス(330 HK)が減益を発表する との観測や中国の一段の景気過熱抑制措置への懸念を背景に下げてい た。

チャイナ・ユニコムは2.8%安。同社は2009年利益が前年の半分 以下となった公算だと明らかにしている。3日に09年7-12月(上 期)決算を発表するエスプリは3.9%安。

中国物流購買連合会が発表した1月の製造業購買担当者指数(P MI)は08年以降で2番目に速いペースでの製造業拡大を示し、引き 締め懸念が高まった。鉄鋼メーカーの馬鞍山鋼鉄(323 HK)は1.9%下 げた。

ハンセン指数は前週末比121.76ポイント(0.6%)高の20243.75。 一時は1.4%安まで下げた。ハンセン中国企業株(H株)指数は同1.1% 高の11621.64。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE