米大統領の新金融規制、世界的合意が必要-ボルカー氏がNYTに寄稿

米経済回復諮問会議議長を務め るポール・ボルカー元米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、オ バマ米大統領が先月提案した銀行の自己勘定取引や投資を制限する 計画など、金融システムの改革を図る措置には世界各国の合意が必 要との認識を示した。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)への 寄稿文で明らかにした。

ボルカー氏は、「大統領が最近提示した金融改革案はもちろん のこと、必要な構造改革の道筋について、大規模な金融市場を抱え る諸外国と話し合い、幅広い合意を得ることが現在不可欠だ」と指 摘。海外当局がこうした議論に関与する用意があると「明確に感じ て」いると述べた。

その上で同氏は、「この過程において、商業銀行が対顧客関係 を支える上で適切と考えられるトレーディング活動の範囲を明確化 するなど、重要な運営上の詳細を詰める必要があるだろう」と説明 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE