味の素:今期営業益予想35%増額、海外食品好調で-株価急騰

国内調味料最大手の味の素は、今期 (2010年3月期)連結営業利益予想を35%上方修正した。海外食品事業 で家庭用風味調味料などがアジアを中心に好調に推移している。この利益 予想の引き上げで株価は上げ幅を急拡大している。

東証で1日開示した今期営業利益予想は660億円(従来予想は490億 円)。第2四半期段階に続く通期増額で、過去最高だった2005年3月期 に次ぐ利益水準になる。高騰していた原材料費が下がったことも寄与して、 前期比で62%増益になる。ブルームバーグ・データでのアナリスト15人 の予想中央値は530億円だった。

味の素の株価は上げ幅を拡大、一時前週末比で48円(5.6%)高の 905円まで上昇した。日経新聞は1月21日付朝刊で味の素の今期営業益 が550億円程度になるもようだと報じたが、この日発表の利益水準はこれ を大きく上回った。味の素は今期純利益予想も150億円と従来見通しを 50%引き上げた。売上高と配当予想は据え置いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE