ロンドンが欧州の不動産投資先で首位、価格下落とポンド安で-調査

新規の不動産投資先として選好され る欧州都市のランキングで、オフィス賃貸料が世界で最も高いロンド ン中心部が首位となった。米会計事務所プライスウォーターハウスク ーパース(PwC)と米調査会社アーバン・ランド・インスティチュ ート(ULI)が実施した調査で明らかになった。

英ポンド安に加え、不動産価格が過去20年で最大の下落を記録し たことを背景に、ロンドンは昨年首位のミュンヘンやハンブルク、パ リを抜いて、欧州で最有望の新規不動産投資先となった。同調査では、 ほかに23都市が評価の対象になった。

ロンドン中心部のオフィス価格は昨年7月までの2年間で50% 下落し、ほかの大半の欧州都市よりも値下がりした。この間に英ポン ドも貿易加重ベースの通貨バスケットに対し25%下落したため、海外 投資家にとってもロンドンの不動産に投資する魅力が高まった。英調 査会社インベストメント・プロパティー・データバンク(IPD)に よると、オフィス物件の価値は2009年9-12月に4.4%上昇した。

PwCの不動産部門トップのジョン・フォーブス氏はロンドンで のプレゼンテーションで、「ロンドンは最悪期を脱し、底入れしたよう だ」と指摘。「良いテナントが入っている優良資産では、バブル醸成の 懸念がある」と語った。

IPDの推計によると、昨年7-12月(下期)のロンドン中心部 のオフィス物件販売は総額60億ポンド(約8600億円)と、1-6月 (上期)から2倍余りに増加した。

-- Editors: Anne Pollak, Andrew Blackman

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Simon Packard in London at +44-20-7330-7754 or packard@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andrew Blackman at +49-30-70010-6223 or ablackman@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE