中国の1月PMI:製造業の拡大基調継続示す-輸出増加で

中国の1月の製造業購買担当者指数 (PMI)は、製造業の拡大基調が続いていることを示した。輸出受 注が増加した一方で、インフレ圧力が高まっている。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが1 日発表した1月の中国PMI(季節調整済み)は57.4と、前月の56.1 から上昇し過去最高となった。投入・産出物価指数は2008年7月以 来の高水準に達した。マークイットがウェブサイトに掲載した資料に よれば、輸出売上高は「過去最高に迫る伸び」だった。

一方、中国物流購買連合会が発表した1月のPMI(季節調整済 み)は55.8と、08年以降で2番目に速いペースで拡大した。生産と 受注の伸びの鈍化で前月の56.6から低下したものの、輸出需要がよ り急速に伸びた。

中国国務院発展研究センターの張立群研究員は、経済成長に占め る輸出の寄与度がより大きくなる中で、「中国経済は回復期から安定期 に移る正念場だ」と指摘。「企業はしばらくの間、コスト上昇や競争激 化に伴い一段と厳しい環境に直面する恐れがある」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE