ホンダ株が1カ月半ぶり安値、海外でのリコールを嫌気

ホンダ株が一時前週末比3.7%安の 2961円と続落。昨年12月11日以来、約1カ月半ぶりの安値を付けた。 ホンダは前週末1月29日、海外で64万6000台を対象にリコール(無 料の回収・修理)を実施することを明らかにしており、これを嫌気し た売りが先行した。

ホンダは、北米や英国など海外で販売したコンパクトカー「フィ ット」などにパワーウインドーの不具合が見つかったとしてリコール を実施する。三菱UFJ投信戦略運用部の石金淳シニアストラテジス トは、「こういうニュースが出ると良いわけがない。これを手掛かりに、 とりあえず短期の売りが出ている」との認識を示した。ホンダ株の午 前終値は同3.5%安の2969円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE