「アバター」が映画興行収入で初の20億ドル突破-6週連続首位

週末の北米映画興行収入ランキン グで、ジェームズ・キャメロン監督のSF超大作「アバター」が6週 連続首位となり、国内外のチケット販売合計が20億ドル(約1800億 円)を突破した初の映画となった。

ハリウッド・ドット・コム・ボックス・オフィスは31日、3D(3 次元)映像を駆使したアバターの北米週末興行収入は3000万ドルだっ たと発表。同社によると米メディア会社ニューズ・コープ傘下の20 世紀フォックスが配給する同作品は、昨年12月18日の公開以降、世 界全体の興行収入が20億4000万ドルに達した。またアバターは、「タ イタニック」の国内興行記録(6億80万ドル)を2月2日か3日には 上回る可能性があるという。

2月2日(現地時間)のアカデミー賞候補発表は、興行収入歴代 1、2位の作品を制作したキャメロン監督の名声をさらに高めること になろう。アバターはハリウッドの外国人映画記者協会が主催する第 67回ゴールデングローブ賞でドラマ部門の作品賞を受賞。世界の映画 興行収入は、同監督のオスカー受賞作で1997年の作品タイタニックの 記録(約18億4000万ドル)を先週、上回った。

ボックス・オフィス・グルの編集者ギテシュ・パンディア氏はイ ンタビューで、「素晴らしい業績だ。この作品のような大作は公開直後 には好調だが、公開7週間後もそれを維持しているのは、観客が作品 を本当に気に入って、勧めていることを意味している。公開後時間が 経ってもこれほど高い興行収入なのは前代未聞だ」と述べた。

ハリウッド・ドット・コムによると、上位12作品の北米週末興行 収入は前年同期比4.3%増の計1億740万ドル。年初来の興行収入合 計は同5.1%増の10億5000万ドル。映画館の来場者数も5.1%増えて いる。同社がまとめた北米興行収入上位作品は以下の通り。興行収入 は1月29日と30日の実績と、31日の推定値の合計。

作品名         興行収入  劇場数  劇場平均  変化率   収入合計 週
             (百万ドル)        収入(ドル) (%) (百万ドル)
======================================================
1 AVATAR               $30.0  3,074   $9,759  -14 $594.5   7
2 EDGE OF DARKNESS      17.1  3,066    5,584   --   17.1   1
3 WHEN IN ROME          12.1  2,456    4,912   --   12.1   1
4 THE TOOTH FAIRY       10.0  3,345    2,990  -29   25.1   2
5 THE BOOK OF ELI        8.8  3,075    2,852  -44   74.4   3
6 LEGION                 6.8  2,476    2,746  -61   28.6   2
7 THE LOVELY BONES       4.7  2,638    1,795  -44   38.0   8
8 SHERLOCK HOLMES        4.5  2,250    2,004  -32  197.6   6
9 ALVIN AND CHIPMUNKS    4.0  2,526    1,584  -38  209.3   6
10 IT’S COMPLICATED      3.7  2,096    1,775  -36  104.0   6
11 THE BLIND SIDE        3.0  1,751    1,725  -28  237.9  11
12 UP IN THE AIR         2.7  1,430    1,888  -31   73.2   9
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE