OPEC:1月の原油生産、5カ月ぶりに減少-ブルームバーグ調査

ブルームバーグ・ニュースの調査 によると、石油輸出国機構(OPEC)の1月の産油量は5カ月ぶりに 減少した。

石油会社や生産者、アナリストを対象にした調査によると、1月の OPEC産油量は日量4万5000バレル減り平均2895万5000バレル。 イラクを除く生産目標が適用されるOPEC11カ国では、日量2664 万バレルで目標より180万バレル多かった。全加盟国が生産目標を上回 った。

OPECは2009年1月から、420万バレル減産し生産目標を日量 2484万5000バレルとしている。第2次世界大戦後最悪の世界的なリ セッション(景気後退)を背景に燃料需要が低迷した。昨年12月22 日にアンゴラの首都ルアンダで開かれたOPEC総会では生産目標は据 え置かれた。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ(マ サチューセッツ州ウィンチェスター)のマイケル・リンチ社長は「価格 が非常に高くなっているときに生産目標に問題があることは意外ではな い。本当に問題になってくるのは、原油価格が60ドルに近づいた場合 だ。それが実際に起きた場合に目標順守率を改善できるかどうかは疑問 だ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE