欧州株:続伸、米製造業活動の拡大を好感-買収観測で公益株が高い

欧州株式相場は続伸。1月の米製 造業活動が予想を上回る拡大を示したことを好感した。買収観測を背 景に公益株も値上がりした。

英水道会社のノーザンブリアン・ウォーター・グループは過去6 年で最大の上昇。オンタリオ教職員年金基金(OTPP)が同社に買 収を提示する可能性があるとの報道がきっかけ。欧州最大の格安航空 会社、アイルランドのライアンエアー・ホールディングスも高い。同 社は利益見通しを引き上げた。

ダウ欧州600指数は前週末比0.6%高の248.42で引けた。 一時は0.8%下げる場面もあった。

JPモルガン・アセット・マネジメントのストラテジスト、デー ビッド・シャープ氏とレクハ・シャーマ氏はリポートで、「市場は最近 の調整をむしろ歓迎している。債券と比べて買われ過ぎの水準から中 立にかなり近い水準に下がっている」と指摘。「あらゆる点からみて、 株式相場は一段と上昇するだろう。楽観的な経済指標や決算に後押し される可能性がある」と述べた。

1日の西欧市場では、18カ国のうちギリシャを除く17カ国の 主要株価指数が上昇。ダウ・ユーロ50種指数は前週末比0.6%高、 ダウ・欧州50種指数は0.5%値上がり。

ノーザンブリアン・ウォーターは12%高と、2003年5月のロ ンドン市場上場以来最大の上昇。同社に対しOTPPが17億ポンド (約2460億円)の買収案を提示する可能性があると、英紙サンデ ー・タイムズが関係者の話を基に報じた。

ライアンエアーは6.7%高。同社は3月通期の純利益が2億 7500万ユーロになるとの見通しを示した。従来予想では2-3億ユ ーロのレンジの「下限」に近くなるとしていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE