カナダ・ドル:対米ドルで上昇-UAE中銀の銀行支援表明などで

30日の外国為替市場で、カナ ダ・ドルは米ドルに対して上昇。アラブ首長国連邦(UAE)の中 央銀行が国内銀行と同国内で営業する外銀子会社を「支援する」と 表明したのを受け、高利回り資産への需要が回復した。カナダの7 -9月(第3四半期)国内総生産(GDP)が4四半期ぶりにプラ ス成長を回復したことも手掛かりとなった。

バンク・オブ・ノバスコシアの通貨ストラテジスト、カミラ・ サットン氏(トロント在勤)は「引き続きドバイ関連のニュースが 注目だ。悪影響は波及しないとの見方から市場では安心感が広がり つつあり、信頼感が高まっている」と指摘した。

カナダ・ドルはトロント時間午後3時30分(日本時間1日午 前5時30分)現在、前週末比0.5%高の1米ドル=1.0562カナダ・ ドル(1カナダ・ドル=0.9468米ドル)。前週末は1.0618カナダ・ ドルだった。月間上昇率は2.7%となった。

カナダ国債市場では、10年物国債(表面利率3.75%、2019 年6月償還)の利回りが1ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)低下し、3.21%だった。価格は12セント上げて104.40 カナダ・ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE