ドバイ関連損失は湾岸諸国中心、システミックリスクない-RBC

RBCキャピタル・マーケッツ によると、ドバイ首長国関連の損失は国際金融のシステミックリスク とはならず、市場への影響は数カ月単位でなく、数日ないし数週間で 終わる可能性が高い。

RBCの新興市場調査責任者のニック・シャミー氏は30日付のリ ポートで、ドバイの債務を最も多く保有しているのはアラブ首長国連 邦(UAE)と湾岸諸国の債権者であり、世界の他の国・地域の損失 は「管理可能」だと指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo  +81-3-3201-7499

kshugo@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Eric Martin at +1-212-617-5383 or emartin21@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE