7-9月のカナダGDP:年率0.4%成長、4四半期ぶりプラス

カナダ統計局が30日発表した 第3四半期(7-9月)国内総生産(GDP)は前期比年率0.4%増 加し、4四半期ぶりにプラス成長を回復した。1992年以来初めてと なった同国のリセッション(景気後退)が終了したことが示唆された。

7-9月期のGDPは、ブルームバーグがエコノミスト19人を 対象にまとめた予想中央値では1%増加が見込まれていた。第2四半 期(4-6月)は前期比年率3.1%減少と、速報値の3.4%減から修 正された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE