ドバイの債務再編で影響が最も大きいのは英国の銀行-モルガンS

モルガン・スタンレーは30日、 アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国の債務再編の余波で最も大き な影響を受けるのは英国の銀行だとの見方を示した。・

ヒュー・ファンステーニス氏らモルガン・スタンレーのアナリスト は30日発表した顧客向けリポートで、HSBCホールディングスやス タンダード・チャータード銀行など英銀のドバイと周辺地域への投資額 は約500億ドル(約4兆3300億円)と指摘した。同リポートは国際決 済銀行(BIS)のデータを引用した。

アナリストらは「英銀はドバイの債務再編の幅広い余波により最も 大きな影響を受ける可能性がある」と指摘した。「ドバイの政府系投資 会社ドバイ・ワールドから欧州の銀行への直接の影響は大きくなく、市 場はそのリスクを過剰に織り込んでいる」と付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE