ドバイのソブリン債保証コストが低下、UAE中銀の支援表明で

30日のクレジット・デフォル ト・スワップ(CDS)市場で、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首 長国のソブリン債をはじめ湾岸諸国の債券の保証コストが低下した。U AEの中央銀行が新たな融資制度導入で与信状況を緩和するとともに国 内銀行およびUAE内の外国銀行を支えると表明したことから懸念が後 退した。

CMAデータビジョンによると、ロンドン時間午前11時20分 (日本時間午後8時20分)現在、ドバイのソブリン債の保証コストは 69ベーシスポイント(bp、1bp= 0.01%)低下の578bp。先 週は590億ドルの債務を抱えた政府系投資会社ドバイ・ワールドが債 務返済延期を債権者に求め、ドバイのソブリン債CDSスプレッドは2 倍以上に上昇していた。

UAE中銀が資金供給を表明したことで、ドバイ・ワールドのデフ ォルト(債務不履行)によって債権銀行が損失を被るとの懸念が和らい だ。UAE中銀は3カ月物指標金利に0.5ポイント上乗せの水準で市 中銀行に融資する。

BNPパリバのロンドン在勤クレジットアナリスト、アンドレア・ シシオーネ氏は「UAE中銀が地元で営業する銀行を支えるなら、問題 が場合によっては悪化しながら急激に波及するリスクは限定されること になる」と説明。「中銀が市中銀行を支え流動性を供給すると明言する なら、流動性逼迫(ひっぱく)の危機はほぼなくなる」と話した。

コメルツ銀行とバンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの アナリストらは、UAEのアブダビ首長国が、投資資金が地域から逃避 するリスクを冒すよりはドバイを救済することを選ぶだろうとみている。

CMAによると、アブダビのソブリン債の保証コストは30bp低 下。カタール債のCDSスプレッドも8bp低下し112bpとなった。 先週はいずれも上昇していた。

-Editors: Michael Shanahan, Paul Armstrong

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Fumihiko Kasahara、Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Abigail Moses in London at +44-20-7673-2118 or amoses5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Armstrong at +44-20-7330-7185 or Parmstrong10@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE