ドバイのナキール:全社債の取引停止求める-情報提供まで

アラブ首長国連邦(UAE)ドバ イ首長国の政府系投資持ち株会社、ドバイ・ワールド傘下の不動産開 発会社ナキールは、30日、一段の情報を市場に提供できるまで、同社 の証券すべての取引を停止するよう取引所のナスダック・ドバイに求 めた。

同社は12月14日が期限の35億2000万ドル(約2800億円)相当 を含め債券の償還延期を債権者に求めている。ナキールはナスダッ ク・ドバイへの届け出文書で「11月25日水曜のドバイ政府の発表を 受けて、ナキールは今日、上場している3銘柄のイスラム債すべての 取引を、市場に完全な情報を提供できるまで停止することを要請した」 としている。

ドバイ政府は25日、政府が先に設立したファイナンシャル・サポ ート・ファンドが国有のドバイ・ワールドの債務再編を指揮すると明ら かにし、監査法人のデロイトのエーダン・バーケット氏を再編責任者 に指名した。ドバイ・ワールドとナキールの債権者は「スタンドステ ィル(停止)」合意と、債務償還期限を少なくとも来年5月30日まで 延期することを求められる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE