中国首相:人民元への上昇圧力「不公平」-中国EU首脳会談

中国の温家宝首相は30日、欧 州連合(EU)と首脳会談を行い、人民元上昇を求めるのは「不公平」 だとして、これを拒否した。

同首相は南京での記者会見で、「一部の国々は現在、中国に対し て貿易保護主義で臨む一方で、人民元上昇も求めている。これは不公 平であり、実際に中国の発展を妨げている」と述べた。また、今回の 金融危機において「安定した人民元相場が、中国経済の発展と世界経 済の回復に寄与している」と付け加えた。

複数の欧州当局者は29日、中国に人民元相場の実質的な対ドル 連動を緩めるよう説得できなかったことを示唆していた。中国による 元相場の管理は、同国の輸出業者をドル安の影響から守る一方で、欧 州製品の国際競争力を損なっている。ユーロはドルに対し、2月18 日以来で約20%上昇しており、ユーロ圏経済が戦後最悪の景気下降 から回復するのを妨げている。

ソシエテ・ジェネラルのアジア太平洋地域担当主任エコノミスト、 グレン・マグワイヤ氏(香港在勤)は「中国は独自の観点とタイミン グによってのみ調整を行うだろう」と予想。「中国当局は、今はその ときではないと判断している」と指摘した。

1年物の人民元先物は上海時間午後零時15分(日本時間同1時 15分)現在、前週末比0.2%高の1ドル=6.6275元。アジア通貨 に対してドルが下落した。中国は2008年7月以降、対ドルの人民元 相場を1ドル=6.83元付近で維持している。元は対ユーロで過去1 年間に14%余り下げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE