今週のインド:7-9月期のGDP、6.3%増の見込み-30日発表

インドでは今週、中央統計機構 (CSO)が30日に2009年7-9月の国内総生産(GDP)を発表 する。

ブルームバーグがエコノミスト19人を対象にまとめた予想中央 値によると、7-9月期のGDPは前年同期比6.3%増と、前期(6.1% 増)を上回る伸びとなる見込み。発表時間はニューデリー時間午前11 時(日本時間午後2時半)。

12月1日には商工省が10月の貿易統計を発表する。シャルマ商 工相が先週明らかにしたところによると、輸出額は6.6%減の132億 ドルだった。

インド建設最大手のラーセン・アンド・トゥブロは30日午前10 時(日本時間午後1時半)、「事業に関する戦略的な発表」を行う。 同社が28日明らかにした。

先週のインド市場では、株式相場が2.3%下落。アラブ首長国連 邦(UAE)ドバイ首長国の政府系投資持ち株会社ドバイ・ワールド による債務繰り延べ要請で生じかねない損失を嫌気し、投資家が比較 的リスクの高い新興市場国・地域の資産を敬遠するとの懸念が広がっ た。

国債相場も下落。インド準備銀行(中央銀行)が「非伝統的な」 景気刺激措置の一部を取りやめる必要があるとの認識を示したことが 背景にある。スバラオ総裁は先週、金融面の刺激策を打ち切るタイミ ングを見極めるのは難しい課題だと指摘した。中銀取引システムによ ると、10年物国債(表面利率6.9%、2019年7月償還)の利回りは1 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の7.19%。

-- Editors: Arijit Ghosh, Margo Towie.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Thomas Kutty Abraham in Mumbai at +91-22-6633-9054 or tabraham4@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James Poole at +65-6212-1551 or jpoole4@bloomberg.net.

%INR

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE