中国株(午前):上海総合指数、上昇-政府が来年も刺激策継続を確約

30日午前の中国株式市場で、上海 総合指数は上昇。政府が景気刺激策を来年も継続すると確約したこと が好感された。先週は週間で3カ月間ぶりの大幅安となっていた。

消費関連株が安い。家電小売りで中国最大手の蘇寧電器(002024 CH)と時価総額で同国最大の酒造メーカー、貴州茅台酒(600519 CH) はともに3%を超える値上がり。自動車国内最大手の上海汽車集団(S AICモーター、600104 CH)は7.2%高。政府が乗用車向け税優遇措 置を延長する可能性があると上海証券報が報じたことが寄与した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現 在、前週末比78.23ポイント(2.5%)高の3174.49。先週は、銀行が 記録的な融資の伸びで損なわれた資本を増強するために増資を行うと の懸念から、6.4%下落した。上海、深セン両証取のA株に連動してい るCSI300指数は同3.2%高の3491.34。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE