中国の武漢鋼鉄:ブラジルMMXに出資合意-調達を多様化

中国3位の鉄鋼メーカー、武漢鋼 鉄は、ブラジル鉱山会社MMXミネラソン・エ・メタリコスの株式を 取得するため4億ドル(約340億円)を支払うことで合意した。鉄鉱 石の調達先を多様化する狙いがある。

30日に発表された資料によれば、武漢鋼鉄はMMXの2位株主に なり、取締役会メンバー2人も指名する。出資比率は明らかにしてい ない。ブルームバーグのデータによれば、MMXの時価総額は37億レ アル(約1830億円)。

世界最大の鉄鋼生産国である中国は現在、世界の鉄鉱石プロジェ クトに投資している。過去3四半期にわたり鉄鉱石の海上供給を支配 してきたブラジルのヴァーレと英・オーストラリア系のリオ・ティン ト、豪BHPビリトンへの依存を減らすためだ。武漢鋼鉄の広報は電 話インタビューで、同社とMMXがブラジルに製鉄所を建設する合意 文書にも30日に調印したことを明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE